有職の匠の京都彩時記

<< 2010びわ湖放送取材「五月人形編」 | main | 第25回結納感謝祭 >>
上賀茂神社 賀茂競馬
0

    毎年五月五日に天下泰平・五穀豊穣を祈願する為の儀式。寛治七年(1093年)堀河天皇の時代に始まりました。早朝より頓宮遷御(とんぐうせんぎょ)、菖蒲の根合わせ等が行われます。/p>



    左右に埒(らち)と呼ばれる柵が設けられます。

     




    騎手は「乗尻」と呼ばれ、左方と右方に分かれ、装束の色目も文様も違います。

     




    要所で目印となる桜、桐、楓が植わっています。

     




    「勝負の楓」の地点で差が開けば先の勝ち、縮まれば後の勝ちとなります。

     




    白装束の念人という二人の審判員は、櫓に登り、勝敗の判定をします。

     




    勝ち馬には、乗尻の差し出す鞭に白が巻かれ、その栄誉が称えられます。

     




    この行事は、先祖代々上賀茂の神職であった家柄の人々の奉仕によって行われます。

     




    神馬舎の白馬もお祭りムードに興奮気味でした。

     

    京都には、古くから伝わる催事が数多くあり、それぞれの行事で多く人が携わっておられる。人から人へ末永く伝わることにより、文化の継承につながり心豊かな生活が営まれることと思います。

    | 京都島津 | - | 19:05 | comments(0) | -









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    このページの先頭へ